2007年01月04日

今年もFE(戦争編?)

昨年の2月末、RoD正式サービス開始から始めてますから約10か月。
あらぁ、ながくPlayしてますねぇ(・ω・;)

ここで戦争に関してちょっと整理。
・基本的に陣取りゲーム
・歩兵戦は自陣を確保する(出来れば拡げる)ための手段
・自陣が全体支配領域の半分をまず目指す

では自陣を確保するにはどうしたら良いでしょう。
各戦場MAPにはだいたい2,3の戦線が発生します。

MAP内お互いの城が対角になる場合が割と多く、ものすごぉくおおまかに表すと
1)敵の城と味方の城を直線で結びます=線A
2)線Aの中間に、直角に交わる(十字になる)線を引きます=線B
3)この線Bの自陣側がまず抑えるべき領域です。

もちろんMAPにより線Bを引くポイントは中間から前後しますし、角度も90度からぶれます。
Wikiに有志の方が白地図をUpされてます、敵味方の城の位置を書いてから線を引いてみることお勧めです。
けど、簡単にわかる目安としてはそんなに間違っていないと思います。

#あくまで初心者向けです、歴戦の方にはご容赦を!w

またよく言われる東西(見方城からの左右)展開の重要性については、ネツWikiにFlashがありとても分かりやすいです。
(他のFlashも見ればエキスパートかな!?)

戦争開始からの流れ、これも大雑把ですが
1)この線B上で地形的に建設できるところに、まずオベリスクを建設します。
  #前線です。これにより敵オベ&ATが線B近くに建設出来なくなります。
   =>敵は領域半分を確保しにくくなります。
2)その前線で歩兵戦闘に入るので、ATを建てて守りましょう
3−1)その間裏方は後方(前線より内側)をオベリスクで埋めます
3−2)召喚(ナイト>レイス>ジャイアント)を出します
4)前線は線Bのラインを守りつつ、他の戦線の様子もログ&MAPで確認します
5)余裕があれば前線の直近にある敵オベリスクを折って、もとの前線に戻ります
  #オベリスクを折ると約4Kill分のダメージです
   深追いする必要はありません。
   敵の支配領域を一時的にでも減らすのが目的です。
6)MAP&ログを見て、Deadしたら押されている戦線に向かいましょう

この状態では味方はATがある分有利、領域も半分以上確保で勝っています。
たぶん、そんなに的外れではないと思いますよ(・_・;)

実際はMAP毎に地形やクリスタル配置に特色があり、初動の展開も様々です。
ぜひWikiMAP攻略を見てください。

”なぜみんながそういう動きをしているか”って訳がわかれば楽しさ倍増ヾ('Д')ノ

 
 

それじゃあ勝つための自分はどんな役割をしようか、
・召喚(特にナイトは初動で必須)で出てみよう!
・銀行をして勝利の主役になろう!
・オベリスクの建設はまかせとけ!
・前線での歩兵戦はわたしが守り切る!
いらない人は一人もいません、50人しかいないんですから。

戦場によってはウォリア、スカウト、ソーサラの3クラスの人数に偏りがどうしても生じます。
MAPや敵のクラス構成によっても相性があります。
でもそれは仕方ないこと。その場その場の戦力で自分の役割を探しましょう。
それでもし負けても次の戦争につながります。

勝てばうれしい、負ければくやしい。
勝つためにはMAPやログを見ることが必須です。
でもその前に、自分のまわりも見てください。
このゲームは一人では無力です。
周囲の味方と助け、助けられて戦いましょう。

ソーサラ(氷)、ウォリア、スカウト(短剣寄り)と3クラスやっていますから、各クラスから見た思いなんかを次に書いてみようと思いますヾ('Д')ノ
posted by Snowfileld at 14:46| Comment(4) | 戦争について
この記事へのコメント
遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いしますねー

ドミニオンから10月も経ってたんですね。
ああ、月日が経つのって早い・・・
Posted by 桜もち at 2007年01月04日 19:05
あけましておめでとうございます〜。

あ〜、大雑把に体感で理解してる部分を、こうやって文章や図にされるとやっぱりわかりやすい・・・。
Posted by sarny at 2007年01月07日 07:08
おひさしぶりですーコメントなど色々ありがとうございますっ!
このたびFE研が移転したのでお暇なときにでもLINKの修正をお願いいたします。
新しいアドレスは http://www.feken.net/ です。よろしくおねがいします〜!
Posted by 十六夜 at 2007年01月19日 13:28
十六夜さん:

連絡ありがとうございます!
修正しておきましたヾ('Д')ノ
Posted by Snowfield at 2007年01月19日 15:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: